車内クリーニングは査定に影響する?

車の内装の清潔さは、車の査定価格に影響を与える要素の一つです。
車の査定では、一般社団法人 日本自動車査定協会が発行している「中古自動車査定基準」に基づいて評価が行われます。
査定では主に内装の状態が考慮され、外装に関しては傷や凹みが主なポイントになります。
そのため、査定時に外装の洗車をしても査定の評価には直接的な影響を与えません。
しかし、車の外装をきれいにすることで、車を大切に使用してきたことをアピールすることができます。
したがって、可能であれば簡単な洗車を行うことをおすすめします。
一方、内装に関しては汚れも査定の対象となりますので、外装以上に清潔さに気を使う必要があります。
査定対象の内装の汚れは、シートやカーペットなどの布製品の汚れやシートのへたり、ステアリングやシフトノブの劣化などが含まれます。
これらの汚れや劣化は車の使用状況や手入れの程度を示すものであり、査定額に影響します。
したがって、車を買い替えて車を売却する場合は、車内の掃除をきちんと行っておく方が良いでしょう。
丁寧な掃除によって、車の内装が清潔であることをアピールすることができ、査定額の向上につながる可能性があります。
特に、車内の汚れや劣化が目立つ場合は、プロのクリーニング業者に依頼するなどして、きれいにすることをおすすめします。
いかがでしょうか。
車を売る際には、車内の清潔さも査定額に影響を与える要素となることを覚えておいてください。