車内での飲食が原因の食べ物臭

頻繁にロングドライブやアウトドアを楽しむ人の車では、よく食べ物の臭いが漂っています。
エアコンをつけたまま車の窓を閉めたままで、香りの強い飲食物を食べることが多い人は注意が必要です。
また、知らず知らずのうちに食べ物をこぼしたり、フロアマットなどに落としてしまっていることもあります。
これによって、ダニや菌が発生し、臭いがしみついてしまう原因となります。
また、仕事帰りなどに汗をかいた状態で車に乗ることが多い場合、汗がシートにしみこんでいることがあります。
毎日の積み重ねで、知らないうちに汗や体臭などがシートに染み込んでしまうこともあります。
汗以外にも、強い香水や化粧水の匂いも車の査定に影響することがあります。
シートの材質によって異なりますので、吸収性の高い生地でできたシートかどうかを確認してみましょう。
事前に清潔に保つことで、車内の臭いを防ぐことができます。