名古屋市港区の不動産売却

名古屋市港区の特徴と人口動態
名古屋市の中で、港区は圧倒的な広さを持っています。
港区は名古屋港に隣接し、中部地方の工業の中心地でもあります。
工業地帯以外にも、名古屋港水族館やレゴランド、ららぽーと名古屋みなとアクルスなど、楽しい観光スポットも存在します。
名古屋市港区には様々な種類の不動産があります。
土地、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などがあります。
こうした特徴的な要素を持つ名古屋市港区での不動産売却を考えている方に、売却のステップや相場などの情報をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
名古屋市港区の人口動態
まずは、名古屋市港区の人口動態を見てみましょう。
2023年10月1日時点の港区の人口は、140,922人で、世帯数は65,101世帯です。
1990年には148,185人、2000年には151,614人、2010年には149,215人となっており、一時期は15万人を超えることもありました。
しかし最近は人口が減少している傾向にあります。
しかし、リニア中央新幹線の開通により、名古屋市への移住者が増える可能性も高いです。
名古屋は東京に比べて家賃が安く、東京へのアクセスも良いため、住む場所として選ばれることが予想されます。
また、現在ではテレワークを導入している企業も多く、名古屋を本拠地にし、全国でリモートワークを行うという働き方も増えています。
そのため、人口は減少傾向にあるものの、今後名古屋市の需要は高まっていくでしょう。
参考ページ:名古屋市港区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
参考:名古屋市の世帯数と人口(2023年10月1日現在)
名古屋市港区の魅力と住みやすさ
名古屋市の港区は、交通アクセスが良く、ショッピングセンターや楽しめる施設が数多くあり、住みやすい街として知られています。
港区は名古屋市の海沿いに位置しているため、鉄道路線の数はそれほど多くないものの、地下鉄名城線・名港線、名鉄名古屋本線、JR東海道本線・中央本線などが通っている金山駅まで、港区役所駅から約10分で到達することができます。
さらに、名古屋駅までも約20分程度で行けるため、名古屋市の中心部へのアクセスも非常に便利です。
また、港区にはららぽーと名古屋みなとアクルスやイオンモール名古屋茶屋店などの大型ショッピングモールがあり、買い物に困ることはありません。
さらに、名古屋港水族館や荒子川公園、稲永公園などの公共施設も充実しており、子供から大人まで幅広い年齢層の方々が楽しむことができます。
公共施設や公園が多いことから、子育て層にも人気のエリアとなっています。
港区は、交通の利便性や充実した施設、自然環境の豊かさなど、住みやすさを追求した街です。
名古屋市での暮らしを考える際には、ぜひ港区を候補に入れてみてください。