名古屋市名東区不動産売却

名古屋市名東区の魅力と人口について詳しくご紹介します
名古屋市名東区は、名古屋市の東部に位置し、面積は19.45平方メートルです。
名東区は元々千種区の一部でしたが、1975年に分区されて誕生しました。
名古屋市内では比較的新しい区です。
売却を検討している方にとって、名東区の特徴や魅力を知ることは、スムーズに売却を進める上で重要です。
購入希望者は家や土地を購入するだけでなく、その後の生活を考えます。
ですから、不動産の売却前には、名東区の様々な情報を集めておくことが役立ちます。
参考ページ:名古屋市名東区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
まずは、名東区の人口についてご紹介します。
2023年10月1日時点では、名東区の人口は162,307人で、世帯数は77,325世帯です。
この人口は、名古屋市16区の中で6番目に多いです。
1990年には152,519人、2000年には153,103人、2010年には161,012人と、少しですが増加してきました。
一方で、2017年には166,131人と最も多い人口を記録しましたが、その後は新型コロナウイルスの影響などもあり、人口が減少しています。
しかし、このような人口減少は不動産の売買に大きな影響を与えるほどではありません。
名東区は依然として魅力的なエリアであり、買い手も十分に見つかることでしょう。