名古屋市の空き地の査定額の相場と査定要因について詳しく解説

名古屋市の空き地の査定額の相場と査定要因について詳しく解説
名古屋市では、約7軒に1軒が空き家で、空き家率は約13.2%となっています。
空き地にも固定資産税がかかるため、売却を考えている方には査定額の相場や査定要因について知っておくことが重要です。
名古屋市の空き地の不動産査定額の相場は、2023年時点で1坪あたり84.5万円、1平方メートルあたり25.6万円です。
この価格は、名古屋市内の27,551件の取引額を基に算出されたもので、2022年より4.4万円上昇しています。
特に駅から徒歩10分圏内の物件の取引が増えており、それにより相場価格が上昇しているのが要因です。
名古屋市内の空き地の査定額は、いくつかの要因によって変わります。
まず、用途や高さなどの公法上の規制が影響します。
また、駅からの距離や利便性、土地の広さや形、前の道路の幅、角地であるかどうか、道路からの高さなども重要な要素です。
さらに、土壌汚染や埋蔵文化財、地下埋設物の有無も査定額に影響します。
また、周辺に嫌悪施設がある場合、それとの距離も要因となります。
以上の要素が、名古屋市内の空き地の査定額に影響を与えます。
それぞれの要因について詳しく解説していきますので、売却を考えている方は参考にしてみてください。
参考ページ:名古屋市空き地の査定額はいくら?相場や売却方法もご紹介
土地利用の規制について
土地の利用には、建物の用途や高さなどの規制があります。
これは公法上の規定によるものであり、地域ごとに異なる場合があります。
そのため、土地の査定を行う際には、まず公法上の規制を調査する必要があります。
このような規制の内容を把握するには法律知識が必要です。
しかし、一般の人にとっては法律は専門的で難解なものであるため、多くの場合は専門家に相談することが一般的です。
専門家は土地の利用に関する法律知識を持っており、地域ごとの規制事項を正確に把握し、査定に反映させることができます。
土地を有効活用するためには、公法上の規制に適合することが不可欠です。
したがって、専門家に相談して正確な情報を得ることが重要です。